HOME > スタッフブログ > 「APWフォーラム&プレゼンテーション2016 ~2020年の義務化とZEHに向けた家づくり~」

スタッフブログ

< 「川崎医科大学附属川崎病院新築工事」作業所見学会  |  一覧へ戻る  |  「 DAIKO 新製品発表会(広島)&記念セミナー 」 >

「APWフォーラム&プレゼンテーション2016 ~2020年の義務化とZEHに向けた家づくり~」

平成28年6月7日(火)、 YKK AP株式会社主催の
  「APWフォーラム&プレゼンテーション2016 ~2020年の義務化とZEHに向けた家づくり~」に
  参加してきました。 約270名の参加があり会場も熱気のある雰囲気でした。


A3.JPG
はじめにAPW(樹脂窓)のビデオ映像を見た後、開発担当者の説明を聞きました。
欧米に比べて日本では、樹脂窓の普及割合はかなり少なく普通のアルミサッシに
単板ガラスの割合が多いそうです。断熱性能が低く結露やヒートショックによる
死亡事故の原因になっています。
そして今、地球温暖化ガスの排出量削減問題を受けて、国が補助金を交付して
  ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)に向けた家づくりを普及促進しています。
  ZEHとは、住宅の断熱性・省エネ性能を向上させ、太陽光発電などで
  エンルギーを創る事により年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯等)の収支を
  プラスマイナス「ゼロ」にする住宅を言います。
  ZEHに向けた家づくりの中でAPW(樹脂窓)は、大きな役割を果たしそうです。


A6.JPG

営業担当者の説明を聞きながら会場に展示されたAPW(樹脂窓)を見学しました。
  実際に大開口スライディング窓(トリプルガラス)を開閉してみて思ったよりも軽く
  使い勝手が良いように感じました。
  

                                                                by  大川
 

< 「川崎医科大学附属川崎病院新築工事」作業所見学会  |  一覧へ戻る  |  「 DAIKO 新製品発表会(広島)&記念セミナー 」 >

このページのトップへ