HOME > スタッフブログ > アーカイブ > 2016年6月

スタッフブログ 2016年6月

「 DAIKO 新製品発表会(広島)&記念セミナー 」

平成28年6月14日(火)、 大光電機株式会社主催の  「 DAIKO 新製品発表会(広島)&記念セミナー 」に参加してきました。


B2.JPG
  記念セミナーは、広島TACTの山本樹里氏による
「 家族にやさしい光 ~光の色の使い分けと間接照明~ 」という講演でした。
  部屋の用途や生活スタイルが多様化しており、照明の役割も多様化していて 例えば、食事の時は温かみのある電球色、
読書や勉強の時は昼白色、作業性と温かみも欲しい時は温白色という風に、調色調光の出来るLEDを使う事によって
空間の使い方が広くなったというお話しでした。  また間接照明について天井面・壁面・床面をどのように照らすか、
  エアコンの位置との関係や、器具の納め方もいろいろ有り大変参考になりました。
  吹抜照明のお話しでは、事例を紹介しながら良い例と悪い例をわかりやすく説明され計画の基本ルールや、
建築化照明が有効であることなど勉強になりました。
  建物の設計をするにあたり、照明計画を頭に入れながら設計することも大切だと思いました。
 
 
B1.JPG
 
  セミナー終了後、新製品の展示を見学しました。
  いろんな照明が展示されており華やかな雰囲気でした。
  間接照明器具の納め方の展示しており参考になりました。


                                                                                                             by大川

「APWフォーラム&プレゼンテーション2016 ~2020年の義務化とZEHに向けた家づくり~」

平成28年6月7日(火)、 YKK AP株式会社主催の
  「APWフォーラム&プレゼンテーション2016 ~2020年の義務化とZEHに向けた家づくり~」に
  参加してきました。 約270名の参加があり会場も熱気のある雰囲気でした。


A3.JPG
はじめにAPW(樹脂窓)のビデオ映像を見た後、開発担当者の説明を聞きました。
欧米に比べて日本では、樹脂窓の普及割合はかなり少なく普通のアルミサッシに
単板ガラスの割合が多いそうです。断熱性能が低く結露やヒートショックによる
死亡事故の原因になっています。
そして今、地球温暖化ガスの排出量削減問題を受けて、国が補助金を交付して
  ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)に向けた家づくりを普及促進しています。
  ZEHとは、住宅の断熱性・省エネ性能を向上させ、太陽光発電などで
  エンルギーを創る事により年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯等)の収支を
  プラスマイナス「ゼロ」にする住宅を言います。
  ZEHに向けた家づくりの中でAPW(樹脂窓)は、大きな役割を果たしそうです。


A6.JPG

営業担当者の説明を聞きながら会場に展示されたAPW(樹脂窓)を見学しました。
  実際に大開口スライディング窓(トリプルガラス)を開閉してみて思ったよりも軽く
  使い勝手が良いように感じました。
  

                                                                by  大川
 

1

« 2016年5月 | メインページ | アーカイブ | 2016年7月 »

このページのトップへ